チーム!わんこ助け隊

このブログは、大阪府下にあるブリーダーの元で育てられている100匹を越える
わんこを助けるため立ち上げたホームページのサブページとなるものです。
興味を持っていただける方は、お立ち寄りいただきご一読ください。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 未来の幸せ報告。向日葵になりました! | main | ミク・エリー・向日葵通信です >>

花音ちゃん、ちあきちゃん、向日葵ちゃん通信

今日の大阪はいいお天気です。

でも、少し向こうの方の空が曇っています。

雨にならないといいですが・・・。

 

さて、卒業わんこのご家族から通信をいただいていますので、どうぞご覧くださいね。

 

*************************

 

【花音(かのん)通信】-ガンちゃん-

 

ごぶさたしてます。

花音はスリムになって走り回る様になりました。

サイズ変更ウィザード-3.jpg

 

毎日がとても楽しくさんぽ、も呼び戻しが出来るので、本当に覚えも早くて私のいいあいぼう。

サイズ変更ウィザード-2.jpg

 

【ちあき通信】-ちゃあちゃん-

 

ブラッシングした時に抜けた毛を溜めていたんだけど、ゴミの日で捨てました

14グラムありました😲

サイズ変更ウィザード-5.jpg

 

リードを付けても歩いてくれる様になりました😄 これで昼間の散歩が楽になります

サイズ変更ウィザード-6.jpg

ただし、まだ充分コントロール出来ないので散歩コースはおまかせです

 

【向日葵通信】-未来-

 

23日、登録に行ってきました(^-^)

サイズ変更ウィザード-1.jpg

 

そしてトライアル前に注文していた首輪も来ました。

サイズ変更ウィザード-7.jpg

後は犬鑑札No.の入った迷子札が届いて縫い付けたら 出来上がりです。


今日はマーキングもほとんどしなく、横でお腹を見せて寝ていました(⌒-⌒; )

サイズ変更ウィザード-4.jpg


この日曜日ね、まだ耳ダニがいるにも関わらず、いつもお世話になっているトリマーさんが 早く綺麗にしてあげたいと言って下さりカットしてもらう事になりました。

ありがたいです。

 

そして向日葵のおもしろく不思議な事、おしっことうんちをする時、正面向いて 何故か『う〜』って唸って怒ってからしています  わかりやすいですよ。(笑)

 

*****************************

 

こうして通信を読ませていただき、ブログに掲載する時に文章をさわらせていただいていると、みなさんの温かい気持ちとか、優しさが伝わって来て、私も幸せで、温かで、優しい気持ちになります。

 

花音ちゃんは、1年前の春、譲渡会に出席していて、遠くから会いに来てくださったお母さんとお姉さんと出会い、そして、今がありますが、最初は暗い顔をした子でした。

その子がこんなに表情が出て、ポテポテしていたのに走れるまでスリムになり、いい相棒と呼ばれ、どれだけの愛情を与えていただいたのかと思います。

 

ちあきちゃんは、お見合いを経て、お父さんのお宅にいってから、短い通信をいつもくださいます。

そのひとつひとつにちあきちゃんが、今日はこれができるようになった、今日はこんな風に・・・と、温かいなあ・・といつもそう思います。

愛情がなければ、こんな風にブラッシングした毛をためておいたりできません。

 

向日葵ちゃんは、たった2日のトライアルで家族にしてもらった子です。

トライアルとしてスタートしましたが、その前には、名前の柄・名前が入った首輪を注文されて、最初から家族になってくださるつもりでスタートを切られたのだ・・・と改めて感じます。

決めたらすぐに鑑札をもらいにいって・・・。

そこには、「もううちの子だからね」と向日葵ちゃんを安心させようとしてくださっているのだと、そんな風に思いました。

向日葵ちゃんも、そんなお母さんだから、こうして、安心しておなかを見せて眠れるようになったのですね。

 

これまでも、鑑札をもらいにいってきました・・と、ご連絡をいただくたびに、私はみなさんのそうした気持を感じ取り、胸がいっぱいになりました。

 

チームの子は、今まで、家族と呼べる人は、ブリーダーしかいなかったのです。

その愛情を得るために、犬舎にブリーダーが入ってくる時だけに、すべての神経をむけて、甘えよう、名前を呼んでもらおう、なでてもらおう・・・必死になります。

だから、私達と会った時、そして、譲渡会に出た時、預かった時、この子たちは絶対に寝ようとしません。

その時間、せいいっぱい愛してもらおうとするからです。

 

そんな子たちだから、家族のできた子は、どんなに幸せだろう・・・とそう思います。

 

みなんさんありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。

里親さんのお家へいった子 | - | -