チーム!わんこ助け隊

このブログは、大阪府下にあるブリーダーの元で育てられている100匹を越える
わんこを助けるため立ち上げたホームページのサブページとなるものです。
興味を持っていただける方は、お立ち寄りいただきご一読ください。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2017年最終日通信 −1− 向日葵・ちあき・クルミ・チビ・はまちゃん | main | 新年のご挨拶 >>

2017年最終日通信 -2- らいらいはララへ

現在、募集欄に掲載中の子たちの写真を撮影に行った日、実は、犬舎からもう1匹、「らいらい」というペキニーズの女の子が出て来ました。

この子は、募集欄に掲載されていません。

 

私たちスタッフの共通の友人で、スタッフMとは家族ぐるみの友達・Rさんという人がいます。

この人は、私たちがチームを作った頃から影になり、日向になり、私たちのことを助けてくれていました。

 

長年わんこを飼っていたことから、私たちスタッフより犬に詳しいため、何かあったら彼女を頼るというところで、本当にいろいろ協力してもらい、どうしても・・・の時は、預かってもらうこともしばしばでした。

 

そんなRさんのところには、元気でわんぱくなアメリカンコッカースパニエルの"風(ふぅ)”という男の子のわんこがいました。

Rさんが愛してやまなかった子です。

サイズ変更ウィザード-12.jpg

ご近所でもやんちゃで明るいのでアイドルで、高齢のお母さんは、風と散歩にでるたび、ご近所の方とのお話に花が咲き、お母さんの元気の元でもある子でした。

ところが、昨年秋、病気が発覚、しばらく持ちなおしていたものの、今年4月、桜の頃、11歳で虹の橋を渡りました。

 

私たちも亡くなる前に会いに行きましたが、私たちがいる間はウソみたいに元気な姿を見せ、最後まで病気と闘いぬいて、元気で明るかったその姿だけをみんなの脳裏に残し、旅立って行きました。

 

それからというもの、Rさんちは火が消えたみたいになり、お母さんも随分と元気を無くされていました。

お母さんのことを思えば、新しいわんこを飼うべき・・・、ですが、Rさんの憔悴ぶりを見れば、そんなことはとても言えません。

 

少しでも元気になってもらえたら・・・・。

そんな風に思って、うちの預かりさんをお願いしました。

 

そして、預かってもらったのが、その後、花ちゃんとなったカルです。

カルのいる間、Rさんちは少し明るさを取り戻し、カルにたくさんの元気をもらったとのことでした。

 

そんなことから、改めて、また、犬を飼うことを考え始めたRさんでしたが、風と同じ犬種を・・・というには、高齢のお母さんには、今後が厳しいだろう・・、でも、Rさんは、アメリカンコッカーをもう一度・・という思いもあり、悩んだ末、誰かうちに向きそうな子はいないか・・・という相談を受けました。

 

そこで、たまたま募集の子が出てきた時に、この子は?・・・ということで、ペキニーズのらいらいをトライアルでRさんちに預けることが決まりました。

 

そんなわけで、バタバタと決まったため、らいらいは、まずうちで1泊することになりました。

 

こわがりで、いつもわが家でこうした形で預かる時は、うちの中にケージを作って中に入ってもらい、扉は開けたままにしておくのですが、らいらいのおびえようがすごかったので、玄関のいっかくを閉め切り、ひと部屋のようにして、過ごしてもらうことに・・・。

サイズ変更ウィザード-9.jpg

 

わが家はあったかい方ですが、夜は玄関扉側から入ってくる冷気が気になり、気温を図りながらも、やはり・・・気になる・・・ということで、同じ犬種の向日葵ちゃんのお母さんに相談してみることにしました。

突然の電話で、気温と状況を話して、このお世話でまちがいないか、聞いてみました。

 

暑がりのペキニーズですから大丈夫でしょう・・ということでしたが、服着せといた方が良いかも・・・ということで、うちのにゃんこの服を着せ、玄関扉にダンボールで冷気よけをして、一晩をすごしてもらいました。

サイズ変更ウィザード-11.jpg

そして、翌日、Rさんが迎えに来て、Rさん宅へ。

 

その後毎日のように、らいらいの様子がメールで写真とともに送られてきましたが、どんどんと顔付きも変わり、元気にかわいくなって、お母さんもまた、元気になって行ったとのことで、12月4日、正式譲渡が決まりました。

サイズ変更ウィザード-8.jpg

 

サイズ変更ウィザード-1.jpg

 

サイズ変更ウィザード-7.jpg

 

サイズ変更ウィザード-3.jpg

 

サイズ変更ウィザード-2.jpg

Rさんから直接メールももらっていますので、どうぞご覧ください。

 

******************************

 

この度、ライライちゃんを正式に我が家の娘に迎え入れさせて頂き、ありがとうございます。

 

預かりしてた時は、小さな音にもビックリしたり、初めて会う人にプルプル震えたり、クリスマスケーキにも怯えたり・・・

サイズ変更ウィザード-4.jpg

 

サイズ変更ウィザード-6.jpg

でも、四年間、そういう物に触れないまま育ってきたのかと、一層、愛おしい気持ちと、幸せにしてあげたいとい思いました。

 

母は、我が家の次男で、アメリカンコッカーのフゥが四月に亡くなり、塞ぎこんでいましたが、ライライが来てから、人が変わったように生き生きしております。

きっとフゥも、お空の上から喜んでくれてると思います。

 

サイズ変更ウィザード-5.jpg

名前は、ライライから、ララにさせて頂きます。

大切に大切に育てさせて頂きますね

 

里親会も楽しみにしております

本当にありがとうございました

 

******************************

 

ということで、らいらいは、ララとして正式譲渡となりました。

Rさん、ララのことよろしくお願いします。

 

簡単ですが、らいらいの正式譲渡のご報告とさせていただきます。

 

2017年、皆さまにはいろいろお世話になりました。

チームでもうれしいこと、悲しいこと、いろいろあった1年でした。

どうぞ、来たる2018年も変わりませず、よろしくお願いします。

 

どうぞ良いお年をお迎えください。

里親さんのお家へいった子 | - | -