チーム!わんこ助け隊

このブログは、大阪府下にあるブリーダーの元で育てられている100匹を越える
わんこを助けるため立ち上げたホームページのサブページとなるものです。
興味を持っていただける方は、お立ち寄りいただきご一読ください。
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< ハイジ・ミミ・桜・ちあき・チビ・ペロ・向日葵 通信 | main | フジコは藤子へ・・・ご家族決定! >>

麦くん、虹の橋を渡りました

今日は少し暖かくなりましたね。

風が強いようですが、いいお天気です。

 

さて、1月23日、ブルーこと、麦くんが虹の橋を渡りました。サイズ変更ウィザード-1.jpg

サイズ変更ウィザード-1.jpg

23日、夕方にお電話をいただきました。

 

25日に旅立ちの弔いをされるということでしたので、スタッフMのうちから、5分もかからないところが里親さんのお宅だったので、最後に麦くんの顔を見に行ってきました。

 

とても安らかな顔で眠っているようでした。

 

麦くんはブルー時代に2度譲渡会に出て、一度は愛護フェア・・・と、3回いっしょしたのですが、姿もですが、性格がなんとも格好のいい子で、誰が何をしていてもどこ吹く風・・というような感じが、「かっこいい男の子だなあ」と思う犬でした。

 

年が逝って咳をするようになったので、病院に行ったところ、心臓の病気が発覚し、「それでもまだまだ元気でいてくれるよ」と言う医師の診断だったようですが、23日未明に「咳がひどいなあ・・・」と心配していた矢先のことだったようで、最期は自分が旅立つこともわかっていたように、その夜、ご家族が床に着く前に、何かものいいだけな顔をしたということでした。

 

なんだか、麦くんらしい、最期まで格好のいい犬だったなあ・・・と、その話を受けて思いました。

10歳でした。

 

ご家族から送られてくる写真は、私たちが見たすました麦くんと違って、とても明るい表情ではしゃいでいたり・・・と、この子も、こんな顔をすることがあったんだ・・・と思うこともしばしばでした。

 

譲渡から2年。

麦くんにとって、充実した宝物のような時を過ごさせていただいたことと思います。

ご家族のみなさん、本当にありがとうございました。

 

麦くん、どうか安らかに・・。

また、いつかきっと、会えるね。

 

みなさんには時間の取れた時に駆け足でなく報告しようと、今じぶんになってしまったこと、すみません。

麦くんのご報告とさせいただきます。

里親さんのお家へいった子 | - | -