チーム!わんこ助け隊

このブログは、大阪府下にあるブリーダーの元で育てられている100匹を越える
わんこを助けるため立ち上げたホームページのサブページとなるものです。
興味を持っていただける方は、お立ち寄りいただきご一読ください。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 麦くん、虹の橋を渡りました | main | バニラ・ミカン・ハマ・メイ・ぽっぽ、向日葵、皆から通信です >>

フジコは藤子へ・・・ご家族決定!

今日は二つ目のご報告です。

昨日、ご家族募集中のフジコに、ご希望があり、お届けに行ってきました。

 

フジコのご家族は、和歌山にいらっしゃいました。

ということで、大阪からは距離もあることと、先に簡単な健康診断をご希望だったので、10日土曜日、うちでお泊りすることになりました。

フジコはルパンことはまちゃんの妹なので、とてもよく似ています。

 

14時過ぎにうちに到着してからのフジコは、しっぽはふるものの、キャリーバッグから出ようとせず・・・こんな感じ。

サイズ変更ウィザード-12.jpg

 

サイズ変更ウィザード-11.jpg

土曜夕方に検診予定でしたが、雨もひどかったのと、寒いので、昨日、11日日曜日の朝にすることにして、夕方まで様子を見ていたら、とても人懐っこい子。

 

ごはんを出しても食べるより、なでて・・・と、手に顔をおしつけてきます。

 

わんこにはふた通りいて、見ていたら食べない子もいるので、最初はごはんだけおいてほっておいたら、逆に食べないため、傍にいって、口元にごはんを持っていってみると、一通り、なでて・・・と言ってきて、それが終ると、たくさんのごはんをペロッとたいらげました。

 

そして、その日はそのままおいておくと・・。

サイズ変更ウィザード-10.jpg

ちょっとでてきて、このとは慣れたのか、おいておいたベッドにねたり、天譲眺めたり、シートでおしっこもして、就寝しました。

 

翌日は早くにごはんを食べておいた方が酔わないだろうとおもったのですが、食べず、しかたないので、病院に連れて行って健康診断を受けて帰ってきたら、またまた、キャリーバッグからでなくなってしまいましたので、結局、ごはんは食べずに出発です。

 

健康状態は全て○でした。(笑)

 

そして、一路、車で和歌山を目指します。

大阪から、それでも1時間半ほど。

フジコは車の中でもおりこうでした。

サイズ変更ウィザード-9.jpg

 

サイズ変更ウィザード-8.jpg

 

高速を降りると山道のつづら折れが終ると、海が見えました。

湾になっていて、港が近く、海水浴場もある海のすぐ近く。

サイズ変更ウィザード-5.jpg

 

サイズ変更ウィザード-6.jpg

 

サンフラワー号が停泊していました。

サイズ変更ウィザード-7.jpg

 

このすぐ近くにフジコのご家族はいらっしゃいました。

なんて素敵なところ・・・。

 

お家に入ると仕事を終えて帰宅したお母さんが笑顔で迎えてくださいました。

フジコはスタッフIさんにだっこされて、中に入ると、すぐに部屋の中を探検です。

サイズ変更ウィザード-3.jpg

 

サイズ変更ウィザード-4.jpg

 

フジコが探検している間に、お母さんといろいろお話して、先住犬のこすずちゃんが亡くなってまだ半年あまりということですが、その子も保護団体さんからもらった子ということで、安心しておまかせできることができました。

 

「こすずに似ている・・・でも、フジコちゃんはフジコちゃんだから・・・」といってくださったのがいんしょうてきでした。

とりあえずはトライアルということで、一応、お写真をいただいて・・・。

サイズ変更ウィザード-2.jpg

 

サイズ変更ウィザード-1.jpg

 

おうちを後にしていたのですが、昨日帰宅後からなんどもメールをいただいて、おしっこもウンチもシートでできたこと、おりこうにしていること、お父さんも帰宅されて、メロメロだということ・・・たくさん報告いただいた上、今朝一番で、「譲渡でお願いします」とメールいただきました。

 

ということで、フジコは藤子(すみません・・・私がカタカナ表記をまちがって藤子としていましたが・・・)として新しい犬生を歩むこととなりました。

 

ということで、簡単ではありますが、フジコの幸せ報告とさせていただきます。

お母さんはブログもされるということですので、リンクはりましたら、また、お知らせします。

 

フジコのこと、どうぞよろしくお願いします。

ありがとうございました。

里親さんのお家へいった子 | - | -